最近のエクステリア工事の事例をご紹介いたします!

玄関まわり工事 福島市K様邸

大平寺K様邸
K様はとても明るくお話される奥様で、私もつい楽しくお話させていただきました。
住宅のリフォームに伴い、『老朽化した玄関回りも綺麗にしたい』というご希望でした。
 門柱を塗り替え、角柱を配置、剝がれていたタイルも明るい色のものに張り替えて明るい雰囲気にすることができました。

その後、やはりシンボルツリーが欲しいと追加でご注文いただき、色々と樹種等を検討した結果、ヒメシャラの株立という結論に達しました。
足元にフイリヤブラン、マホニアコンフューサを添え白い砂利と共に涼し気な風景が出来上がりました。植栽を囲んだのはピンコロの淡桃で薄ピンクがいい感じです。やはり植栽を作って良かったと言っていただきました

目隠しフェンス・ウッドデッキ工事 伊達市M様邸

梁川 M様邸1
M様は素敵なエクステリアを着々と創り上げていく勉強熱心な奥様です。今回は2期工事 で目隠しフェンスと、ウッドデッキをご注文いただきました。
目隠しフェンスは板の幅と質感が決め手となり、タカショーモクプラボードリアルを選択。少しグレーがかった色味とリアルな木目がリッチです。  
そしてアプローチのRの階段に合わせて、1mピッチのフェンスを自然なカーブに見えるように設置しました。
梁川 M様邸2
 M様はステップ付きのウッドデッキをご希望で、更にこだわりは2段幕板の採用です。  
 幕板を2段にすることでウッドデッキの足元の束柱が隠れ、グッと高級感が増します。色も熟考の末選択したライトウッドで、目隠しフェンスにより視線も気にならず、お嬢様もとても喜んで遊ばれていると満足していただきました。

門回り工事 福島市T様邸

門回り工事 アフター
T様邸は、昭和初期にご両親がこの場所に居を構えてから、お庭の古木も木塀もすべての時の流れを見てきたような、歴史を感じさせる門構えのお宅でしたが、老朽化により改修をご希望されていました。  
板塀の雰囲気を踏襲し、タカショーエバーアートボードをご提案し採用していただきました。

木目が美しいボードとそれを縁取るステンカラー色は、モダンで軽快でありながら庭の古木と不思議に調和します。また所々に配したアルミの千本格子が暗かったお庭に採光と通風をもたらしました。これは思った以上の効果だったとお客様に喜んでいただきました。
before
改修前ビフォー
【ビフォー】
こちらが改修前のT様邸です。
伝統的な門構えを一新し、モダンながらどこか和も感じさせるような風景が作り出せたのではと思っております。  
arrow_right
after
門回り工事アフター
【アフター】
夕景の玄関周りです。アッパーライトを門袖に当てる演出としましたが、中の玄関灯と重なり更に風情が感じられる夕景となりました。

これからもお客様1件1件のニーズにお応えできるよう丁寧に取り組んでいきたいと思っています。