ゴマノハグサ科(アゼナ科) トレニア属(ツルウリクサ属) 春播き1年草

別名 ナツスミレ(夏菫) ハナウリクサ(花瓜草) ムラサキミゾホウズキ(紫溝酸漿)

トレニア
                         ☝優しい緑に青と白が涼し気な印象です

涼やかな花色とスミレに似た小を咲かせる“トレニア”
矮性でよく分枝して、こんもりとした草姿が何とも言えない可愛らしさを感じさせますね

可憐な姿とは裏腹に、暑さにきわめて強くて丈夫な植物体をしています!!
なんと!他の草花はほとんどダウンしてしまう、真夏が花盛りなんです(・。・;)
それもそのハズ…原産地が熱帯アジアやアフリカなのでとっても丈夫なんです

トレニアは矮性が人気です
草丈が30センチもなく草姿がしまっているのが特徴です★
〝ドワーフブルー(青)〟と〝ドワーフホワイト(白)〟が代表種でよく作られています。

ガーデニング初心者の方でも簡単にお世話ができるのでおススメです(*^_^*)
花壇や寄せ植え、ロックガーデンにハンギング…とお好み楽しんじゃいましょ


トレニア 寄せ植え
白いトレニアが目を惹きます、背景によく映えてますね

トレニアには1年草多年草の種類があります。

園芸店でよく売られているタイプは1年草で、冬は寒さで絶えて枯れてしまいます
多年草は這性のタイプもあり、冬も少しばかりですが花が咲き、室内で越冬ができるそうです‼
しかし、一般的に1年草の方が有名で、多年草も環境によっては寒さで枯れるものもあるため、1年草扱いになっています

トレニアの管理は、日当りの良い場所においてください
耐陰性なので多少日陰でも大丈夫ですが、花つきが悪くなります。。
また、鉢植えは直射日光や西日のガンガン当たる所は控えるようお願いします!!
乾燥には弱くシオシオになってしまいます

IMG_1265-e1470703093963
  ☝トレニアはアスリートです、肥料の補給が必要です

鉢植えと花壇の肥料についてです(^^)/

トレニアの鉢植えの場合は、マグアンプK(中粒)を元肥にすると良いでしょう
その後は生育状態を見ながら、定期的に液肥を与えます!

トレニアの花壇の場合は、あらかじめ堆肥を元肥にして、土に混ぜ込みます!
その後は定期的に化成肥料を追肥します♪

肥料が切れても枯れはしませんが、生育が衰えて花数が減ります(-_-;)
トレニアは夏~秋までは絶え間なく花を咲き続けるため、スタミナやエネルギーの消耗が激しいので施肥は大切なことです

ただし、真夏に肥料は厳禁ですのでご注意を

害虫としてアブラムシがつくことがあります。
見つけ次第駆除しましょう!
(写真上)オルトラン粒剤でも構いません
トレニア いろいろ
                      ☝暑い夏でも次から次に咲いて、元気いっぱいです

トレニアはを好みます

土も湿っているくらいがちょうどですが、あまりに湿っていると根っこに悪いので気をつけてください(・o・)
夏の日照り続きの日朝・夕と十分に水やりをします
プランターや花壇に植えたトレニア水切れが起こりやすいので、半日陰に移動させると良いでしょう

茶色く枯れた部分花が咲き終わった部分の手入れも、こまめにやると次の花が咲きやすくなります

こんもりとした草姿が乱れて混みあっている部分蒸れて、やがて枯れてしまいます
また、咲き終わった花ガラはちょっと汚いので見栄えを良くするためにも、摘んでしまいましょう(^^♪
トレニア 寄せ植え
上の寄せ植えのアップです、ボリューム感がありますね

では、トレニアにまつわるアラカルトを御紹介(^^)/

トレニアは食用の花でもあるんです
エディブルフラワーと呼ばれ野菜と同じように食べられるらしいです!!
なんでも、苦みやクセも無くシャキシャキとした食感だそうですよ…
(そう言われても、食べる気になんとなくなれない…

ただし!花屋やホームセンターに置いてあるものは観賞用ですので決して口にしないでください

食用の草花の問合せ先は、インターネットが確実です(●^^●)v
百貨店やスーパーに置いてあるところもあるそうです。。
大抵が種から育てるタイプのようです

トレニア かご寄せ
 ☝草花のカゴ寄せです、トレニアが1番モコモコです(笑)

トレニアの花言葉には『温和』『可憐な欲望』などがあります
その中に『ひらめき』という言葉があります

トレニアには先端がふたつに分かれている雌しべがあります。
雌しべに触れると、〝閉じるという性質をしています!!
この敏感な動きから、鋭敏の花として連想され、ひらめき(Flash of genius)が結びついたそうです

またトレニアの名前の由来はO・Toren(トレン)です(*^_^*)
彼はスウェ―デンの東インド会社に派遣されていました。
牧師であり、植物学者でもありました。

以上、トレニアにまつわるアラカルトでした(^^)/