アオイ科 フヨウ属 常緑低木

202b28929f517d955d84356674ff35c3
南国のトロピカルな雰囲気漂う、夏の花の代表“ハイビスカス”
赤や黄色、ピンクに白といったカラフルな花色と、大輪の花が特徴です

夏のイメージにぴったりで、青い空によく映えますね(^^♪

花言葉は『繊細な美』ですが、花色によって違う『美』をあらわすそうです

例えば、☝赤いハイビスカスなら『常に新しい美』が花言葉になります



e848b0d3ace453bd1d616f91e184c9d4-e1469499745731
ハイビスカスは日当りが良く、風通しの良い場所を好みます(^∀^)
そのため、日陰にしばらく置いておくと花が咲かないことがあります…

水のやりすぎは根腐れの原因になりますので、ご注意を

アブラムシやハマキムシが発生した場合は一般の殺虫剤で対応します!
           ☝スミチオンでも結構です
ハイビスカス ②
寒さには弱いハイビスカスですが、☝翌年も咲かせたいですよね

10月中旬から室内へ移動させます(日当りのよい場所で)
水やりも控えめにします(^^)

植替えする場合は、毎年4月の終わり~5月の始まりくらいで、詰まった根っこをほぐし、土を3分の1程度落としてから植替えしてみましょう

以上が冬越しの方法です

ハイビスカス
ハイビスカスといえば〝耳飾り〟としても有名ですね
国によって右か左に飾るのではそれぞれ意味があるそうです♪

ハワイでは未婚者が右側で、既婚者が左側につけます
タヒチでは男女問わず、パートナーを探している人は右側に、見つかった人は左側に飾る習慣があります

さらに、太平洋地域の島国ではお祭りや葬儀に使用していたとされています‼
赤い花は神聖を意味するそうです。。

また沖縄でも仏事に使われていたことから、ハイビスカスがその国の文化や行事に深く関わっていることが分かりますね