ブ―ゲンビリア ブ―ゲンビレア

オシロイバナ科 イカダカズラ属 つる性花木 温室・室内植物

ブ―ゲン
鮮やかな色合いで華やかさをプラスしてくれる“ブ―ゲンビリア”(または、“ブ―ゲンビレア”)

南アメリカ原産の夏の花です


世界中で観賞用に植えられていますが、原産国周辺の地域では草むら状に仕立てたり、生垣として使われてきました(*^。^*)




ブ―ゲン
ブ―ゲンの花はピンク色でヒラヒラしている部分……(^_^)
……ではありませんっ(*_*;)

花のように見えるのは〝苞〟で、その中の3個くらいある白い小花が〝ブ―ゲンの花〟になります

この〝苞〟が紙細工で作ったように見えるため、“ペーパーフラワー”という英名があるそうです

ブ―ゲン 肥料
ブ―ゲンの管理は水やりと肥料に十分注意が必要です……

年間を通して、出来るだけ日当りのよいところで育てます
生育期間中の肥料は油かす(骨粉が混ざった物)を置肥とし、1か月半に1回で与えます
徒長した枝は十分に伸ばしてから刈り込みます

花を咲かせるためには肥料をやめ、水やりを控えて乾き気味に管理するそうです!

花が咲き終わったら肥料と水を十分に行い、枝が伸びたら刈り込んで、乾かし気味に水を与えてください。

…かなり細かい管理になります
あとは、愛情をもって花に話しかけてみるのも効果があるかもしれません。。


ブ―ゲン 大きい
ブ―ゲンの特徴は、丈夫で比較的に寒さに強く、室内での冬越しが容易にできる ところだそうです★
日当りと水はけの良い土地を好み、寒冷地の場合は加温を必要としますが、防暑の心配はありません

ちなみに、ブ―ゲンビレアの属名〝Bougainvillea(ブーガンヴィユ)〟はフランスの探検家〝ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィユ〟
(1729~1811) の名前にちなんでつけられたそうです(^^)/

花言葉は『情熱』です
うーむ…なるほど、南国チックですね