ウッドデッキのお手入れ方法

ウッドデッキ
天然木の特徴として、気候(風雨・温度・湿度など)が原因とされる表面のひび割れ・小口の割れ・反り・ねじれなどは必ずあります。
施工後、数か月後には色褪せが始まり、おおよそ1年経過後には、紫外線や温度差による収縮によって外観上に色合いの変化(銀白色化)や乾燥による細かな干し割れの発生などの経年変化が生じます。
これが天然木の特徴であり、風合いを増し、重厚感が出るなど付加価値へとつながっていきます。
末永くお使いいただくためにも、木材保護塗料(ノンロットやキシラデコール)の塗布やサンドペーパーなどでの定期的なお手入れをお勧めします。