フランスの農家をイメージしたお庭 福島市 

正面
建物と庭が一体となり、素朴な雰囲気を醸し出しているこちらの庭園は、
「フランスの農家」がコンセプト。
多くの来場者数を誇る北洲ハウジングさんのモデルハウスを施工させていただきました。

ウッドデッキ
リビングの南側に設けられた広いウッドデッキ。足元は、レンガ調の敷材をインターロッキングで仕上げました。
ベンチコーナー
囲まれ感のあるベンチコーナーは、ついつい長居したくなる心地よい空間。友人とわいわい、ホームパーティーなどでも大活躍しそうです!
インターロッキング
ウッドデッキの足元はレンガ調のインターロッキングで仕上げ、ところどころ芝生で覆っているさまが素朴な雰囲気を演出しています。
植栽
カクレミノの足元にはオタフクナンテンとアオキを植栽。赤色のオタフクナンテンがアクセントカラーとなって存在感が感じられます。
花壇
古釜レンガを用いた花壇。排水用に一部化粧砂利を使用しました。

パーゴラ

パーゴラ

パーゴラを設置した広場のような空間。
バーベキューなどが楽しめるよう、ガーデンシンクも設置しました。 
ベンチに腰かけてゆっくりティータイムを楽しむこともできます。

配置図

配置図
ガレージのバッグヤード風に設けられた主庭は、建物に沿ったひとつながりの園路のような構成に。

植栽は、エゴノキ、ヤマボウシなどの落葉樹を主体とし、四季折々の表情が楽しめるようになっています。
これに対し、北向きの前庭は、常緑樹を主体として道路からの目隠しとしての機能も発揮しています。