庭いじりをのんびり楽しむレンガと芝生の庭 南相馬市W邸

全景

娘さん一家と同居するために住まいを新築したWさん夫婦。
ご夫婦がイメージされていたのは
「のんびりと庭いじりを楽しめる暮らし」

これから年を重ねるにつれて家で過ごす時間が増えると考えたお二人は、
芝生や花壇、大きな樹木を入れつつ、あまり手間がかからないローメンテナンスなお庭をつくりたいとのご要望でした。




ウッドデッキ

庭の中央には、ユニークな曲線を描くように高麗芝を張り込み、芝生の東端には背の高いエゴノキをシンボルツリーとして植えました。
「水撒きは、主人と交代で楽しみながらやっています。落葉樹が好きで、特に新芽の頃が楽しみです」と奥様。
現在、敷地の一角に東屋をつくる計画も進めているそうです。


アール花壇

花壇

アサギリソウ

花壇
クラシカルな建物と調和するレンガの庭。
自然な色ムラや角のとれた表情が素朴な味わいを醸し出すアンティークレンガを使用し、目地はモルタル仕上げにしてメンテナンスに配慮しました。渋い色調のレンガを、黒目地が引きたたせています。

アールを生かした細長い花壇には、ブルーベリー、セージ、アクセントにコキアなどの葉の美しいさまざまな宿根草を植栽。
室内やウッドデッキから眺めても楽しめるレイアウトを意識しました。



軒下花壇
軒下の花壇には宮城県特産の丸森石を使用。乾燥に強いエリカなどを植栽。
角柱
ダークブラウンな色合いの角柱が庭全体を引き締めています。

配置図

配置図
庭の中央に芝生を敷き、その周辺をアンティークレンガや乱張石で仕上げました。
玄関前には5メートルほどのエコノギ、デッキ前には3メートルほどのナツハゼを植栽し、野山の雰囲気を演出。
隣地境界の塀沿いにアールを生かした花壇を設けるデザインにしました。

Category.
新築外構
Detail.
庭いじりをのんびり楽しむレンガと芝生の庭 南相馬市W邸
Shop.
福島店