日本の“おもてなし”の「あかり」行灯照明




みろく庵
こんにちわ!郡山店の渡引です。


今日は、話題の将棋最年少騎士・藤井聡太 四段の30連勝をかけての対局が行われているところであります。


私も若い頃には、少~し将棋にハマっていたことがありました。

将棋の本を買っては勉強したり、毎日のように「詰将棋」を解いてみたり、また、その当時は、ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション」が発売された頃で、私が本体と一緒に一番最初に買ったゲームソフトが、なんと!
『柿木将棋(かきのきしょうぎ)』
というAI将棋のソフトでした。
懐かしい柿木将棋
◀懐かしい『柿木将棋』今でも家のどこかに眠っていると思います。


『ファイナル・ファンタジー』『リッジレーサー』などが流行っていた時分に、なぜか『柿木将棋』・・・

友人からよく
「なんで一番最初のソフトが「柿木将棋」やね~ん!!」
とか言われてましたね・・・
(その頃は関西に住んでいましたので関西弁で)


(いいじゃ~ないですかっ!! その時はそれが欲しかったんだから・・・)

福島に戻ってきてからは、まわりに一緒に将棋をする人がいなかったのと、正直あんまり上達もしなかったので、それきりになってしまいましたね。ハハハ・・・
(いわゆる下手の横好きってやつだったですねぇ・・・)


また、藤井聡太 四段と共に超~話題になってしまったのが、昼食に何を注文するか・・・!?
いわゆる『勝負飯!!』

妻は「何を食べてもいいじゃないの~!」って言っています。
まぁ同感ですが、注目のされ方が面白いですねぇ~

前人未到の29連勝をかける対局のときには、「みろく庵」「豚キムチうどん」を注文!
将棋会館に入る「みろく庵」の店主が、ものすごい数の報道陣に囲まれて「豚キムチうどん」を配達~って・・・(笑々)
みろく庵店主うどんを配達~
将棋の話しが長くなりました・・・


         



わたくし先週のブログの冒頭で「ハンドミキサーが壊れた」話をしましたが、この1週間経つ間に今度は「廊下の照明灯が壊れました・・・

はじめはただの球切れかと思いましたが、天井付近のジョイントのところで断線していました。
廊下の照明灯
◀こちらその壊れた照明灯
もう長い間使わせて頂いたし、漏電しても怖いので、今回は修理をせずに器具ごと交換することにしました。

それから、器具を買いにいったのですが、ど~もいまいちピン!ときたものがありません。
いわゆる普通のシンプルなものばかり・・・
廊下の照明ですから、それでも全く問題はないのですが、
(なんか面白くない・・・と思ってしまった私・・・


またまた自作をしてしまいました 

自作の照明
→スクエアな形にしたのですが、シェードの各面に娘が書いた絵を入れてみました。

3才~6才までの4年間に書いた絵を1面ずつ。
(※クリックで拡大→)



3才と4才の時の絵
(左)3才、(右)4才の時の絵
6才と5才の時の絵
こちらは、(左)6才(右)5才の時の絵
1年ごとに絵のレベルも成長しているのが分かりますね

妻がこれをみて「絵灯篭みたいだね。」と言っていました。


・・・・・・・・・・

~からのぉ~、こちら 


LIXIL 2017’NEW PRODUCTS -Light Laboratory-


今年、LIXIL(リクシル)から、エクステリア照明の素敵な効果について、もっともっと考えて、新しいモノやコトをお届けしたい。そんな気持ちが集まって
Light Laboratory(ライト ラボラトリー)
という新しいプロジェクトが生まれました。

その中でひとつご紹介。

先ほどの「絵灯篭」のような『和のあかり』を表現した照明がこちら

美彩 行灯照明


行灯照明
古来から日本人の美意識につながる「あかり」。
訪れる人を「あかり」で迎え入れる“おもてなし”のあかり。

それを表現したのがこちらの
『行灯(あんどん)照明』

伝統的な和風建築が並ぶ町屋の景色にも馴染む品格あるデザインです。
美彩ー春光園プレオ
昨今は洋風な建物が多く、お庭も南欧風とか洋風なデザインが多いのですが、最新エクステリアでは『和モダン』なスタイルも見直され、取り入れられるようになりました。

『和』も素敵ですね。

そんな『和モダン』な雰囲気をお庭に取り入れてみては如何でしょうか?

プレオにご相談下さいませ~!


以上、郡山店の渡引でした~