日本三大名瀑

こんにちわ 郡山店の渡引です。

先日、茨城県久慈郡大子町にある日本三大名瀑のひとつ 袋田の滝 に行ってきました。

親の実家が茨城なので、しょっちゅう国道118号線 袋田の滝 のそばは通っていたのですが、今回初めて訪れてみました。


MAP

この日は、平日だったせいか一番奥の駐車場にとめることができました。
しかも、駐車料は帰りがけにでもそのお店で何か買ってくれれば無料ということでした。(ラッキー )


袋田の滝の顔出し看板
▲大子町のゆるキャラ「たき丸」の顔出し看板で、とりあえず1枚パチリ!

券売所からトンネルを150メートルほど歩いて、「つり橋」のほうへ

そこからの眺めがこちら~
袋田の滝 つり橋からの景色
雄大な眺めですねぇ~

そして、わたし~
つり橋方向から
そこから再びトンネルを100メートルほど歩いて、上の写真の中ほどに見える 観瀑台 へ移動。

そこからの眺めがこちら~

観瀑台からの眺め
その大きさと迫力に圧倒~
大きくて写真に納まりません…


この 袋田の滝 は、高さ120メートル、幅73メートルの圧巻の大きさ。
滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれるそうです。

そして、この観瀑台さらにエレベーターで51メートル上がって、新観瀑台 へ移動。
(滝にエレベーターがあるとは思いませんでした… )
新観瀑台からの眺め
こちらが最上階「第3観瀑台」の眺めです。


[大子町観光案内より]
四段の岩壁を流れる水のつくり出すラインは白糸のようになめらかに、そして時には激しく、さまざまな顔を見せてくれます。新芽吹く木々の緑に縁どられた春、涼を求めての夏、あでやかな紅葉が滝のお化粧をする秋、厳しい寒さで滝が凍結する冬と、袋田の滝は四季折々に姿を変えてくれます。

 秋から冬にかけてはライトアップされて、それはまた幻想的な滝の姿を見せてくれるそうです。
秋の美観瀑
私は、国道118号線をよく通りますので、ライトアップの季節になりましたら、再び訪れてみたいと思います。

そして日本三大名瀑からの~

プレオ郡山店の展示場で実物をご覧になって、お庭づくりのイメージをつかんで頂き、
さらに専門スタッフのアドバイスでみなさまのお手伝いをさせて頂きたいと思っております。
どうぞお気軽にご来店くださいませ。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。