RED BRICK WAREHOUSE

こんにちは。プレオ郡山店の斎藤彩香です。

今日は少し肌寒く感じましたが、お出かけ日和だったのではないでしょうか??
こういう日は旅行話が書きやすくなります


では「出かけてきた話」続きになります

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫へ

かつて神奈川県に住んでいたときには足を踏み入れなかったこの建物(笑)
今更ではありますが行ってきました


明治時代に建てられた当時最先端のレンガ造りの建物。
1・2号館それぞれ創建100年を超え、屋根には合わせて約14万枚の瓦が使われているんだとか。

赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫のレンガの大きさは225mm×109×61.6mmで、現在の普通レンガ(210mm×100mm×60mm)よりひと回り大きいもの。使用されたレンガの数は建設当初で636万個といわれています。
赤レンガ倉庫
窓枠には耐久性のある黒レンガを使用しています。


避雷針
おしゃれな避雷針。長さはなんと3m!!
レール
物品を運ぶために使われていたレールもそのまま残っています。


石畳

石畳も明治時代のまま。
うまく言葉に表せませんが、長い年月が石本来の風合いをより増したような・・・
趣ある、いい意味で時代を感じる石畳・・・
何より耐久性が素晴らしい

もっともっと長~く愛されてほしいものです(*´ω`*)


めがね橋を見に行った時もそうでしたが、
レンガ造りの建物はレトロかつモダンな雰囲気を味わえます
当時の最先端の造りは現代に残っても街のシンボルとして生かされているのはすごいことだと思いました!!
レンガの良さを再確認できました\(^o^)/



それではまた来週(=゚ω゚)ノ