あけましておめでとうございます

HAPPY NEW YEAR

あけましておめでとうございます!郡山店の斎藤彩香です。
郡山店は本日より営業再開となりますm(_ _)m

年末年始はどう過ごされましたか!?
私はというと、風邪を引きました・・・
そのため、初詣にも初売りにもいけず・・・残念
皆さまも風邪にはお気を付け下さい


さて、話は変わりまして今年は酉年ですね
なので、こんなものをつくってみました↓↓
一応、孔雀

折り紙で孔雀
折り紙って・・・子どもの遊びじゃんって思いますよね!?
しかし、最近では高齢者の認知症予防に取り入れられたりしているんです!!

ちなみにこの孔雀、簡単そうにみえて80以上の工程があります(*_*;けっこう難しい
また、羽の部分はミウラ折りと呼ばれる東大名誉教授の三浦公亮先生が考案した折り方で、
人工衛星の太陽光パネルの展開にも応用されているんです

今から老後に不安を抱えている私は、脳トレの一環としてたま~にやっています
というのは冗談で、脳内で3D化するトレーニングとしてやっているんです

3D化した外構プラン

ご来店されるお客様の中には外構やお庭のプランがイメージできないという方もいらっしゃいます
実は私もその一人(/ω\)
平面を3D化してイメージすることがちょっと苦手ですこの仕事のおかげでだいぶ改善されましたが・・・


モデルプラン平面図

例えば、上の平面図↑↑
これだけで、外構のイメージをつかめますか??
高さは?色は??

分かりにくい点がたくさんありますよね!?

これにパースが加わると・・・
モデルプランパース

こんな感じに↑↑

平面図では分かりにくかった高さや色のイメージできるようになりましたよね!?
これにサンプルやカタログなどを見ていただきながら打ち合わせすることで、さらにイメージをつかんでいただくというわけです!!

ちなみにこのプランの詳細は こちら 
外構プランパネル
プレオ郡山店では実際に施工した写真と提案した平面図・パースを組み合わせたパネルを展示しております

外構やお庭づくりの参考になりますよ

ぜひ一度、プレオ郡山店まで足をお運び下さいませ(^_^)/



ミウラ折り応用デザイン
最後に先程紹介したミウラ折りを応用したデザインが
こちら→
KIRINのFIREシリーズ
ダイヤカットと呼ばれるこの工法で強度を増しつつ、
缶の材料を30%減らせるというエコなデザインなんです!!

デザインって奥が深い

それでは、また来週(=゚ω゚)ノ
本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m