アブラナ科 ロブラリア(ミヤマナズナ・ニワナズナ)属 1年草扱い

別名 スイートアリッサム(Sweet alyssum)  ロブラリア  Sweet alison (英名) ニワナズナ(庭薺) ニオイナズナ(匂薺) 

アリッサム
Ⅰ.アリッサムの主な概要

所狭しとモコモコの小花が特徴的な“アリッサム”
まさに花のカーペット、愛嬌のある草姿で這わせて広がります

原産地地中海沿岸の海岸地帯、またはヨーロッパ南部です。
本来は多年草ですが、高温多湿に弱い(さらに夏に枯れやすい)ため、1年草扱いされています
(基本は秋まき1年草ですが、寒冷地に至っては春まき1年草に該当します。。)

ですが、もともと丈夫で育てやすい性質なため、夏越しが上手くいくと…秋にも花を咲かせてくれますよ(^v^)
さらに数年も育てると、茎が幹っぽくなって逞しく成長します


アリッサム(alyssum)はギリシャ語で『狂犬病にならない狂犬病の薬』という意味があります…ギャップが凄いですね(笑)


近年ではスーパーアリッサムスノープリンセスなどが有名)と呼ばれる、“夏の暑さにも負けぬ丈夫な植物体を持ち”…というか改良された品種もあります

耐暑性が増したこと以外にも、毎年株がモコモコと大きくなる特徴があります(^O^)/
…雪玉みたいな球体アリッサムも夢ではありません(笑)
アリッサム 肥料他

アリッサム 色
アリッサムと言えばが代表色ですが、他にもピンクラベンダー(薄紫)を始めとするパステルカラーなどを持っています
ジンクスのように言われていることがあり、白のアリッサム丈夫な性質色付きは虚弱体質(汗)…だそうな。

元肥におススメなマグアンプK(写真右)
初期生育を助ける速効性・生長とともに持続する緩効性、2つの効果が含まれています
さらにオルトラン粒剤(写真左)
長い効き目で、植物によーく浸透するため、害虫の初期発生を予防してくれます(^v^)
Ⅱ.アリッサムの栽培特性

栽培特性日当り水はけの良い環境を好みます。(…今更、とても基本的なコトを書きました

日照不足花付きを悪くする他、抵抗力が下がって病気にかかりやすくなってしまいます…日光浴をさせましょう
意外に直射日光には強く葉焼けもあまり起きない上に、まれにチラホラと開花することもあるそうです(・o・)

水やり表面土が乾燥した時に与えますが、少し乾燥気味でも大丈夫です(生まれが地中海沿岸ということも有ります
水のやり過ぎによる過湿水分を含み過ぎた土では、葉を傷めたり根が腐ったりしてしまう原因になります


高温多湿を避けた、明るい日陰風通しよく管理します。(うるさいですが、夏の暑さや湿気には注意
梅雨~初夏のうちに短く刈り込んで(切り戻し)、涼しく過ごさせることも大切です


花壇や地植えにする時は木の下に植えて、木陰になるように配慮すると良いでしょう(^^♪(鉢は軒下などへ移動させます)
夏は肥料を与えず、この環境をキープできれば……秋には復活(する予定)です


霜や寒風に当てないように、簡単でもいいので霜除け・風除けの管理します。(室内に取り込むのもアリです
ある程度の耐寒性はあるものの、霜に当ると細胞壁が壊れてしまい、寒風に当てると葉が赤く傷んでしまいます


肥料は元肥緩効性肥料を土混ぜ込み、追肥に薄めた(商品によっては既に薄めてある)体肥料を5日に1回は施します
肥料が切れるとスタミナも切れ、開花時期にも関わらず花が咲かなくなってしまいます…(・。・;


植え付ける際には、土を中和させるため石灰を混ぜますアリッサムも酸性土では育ちません
またポット苗から取り出した時ポットの根を崩さないようにします
根が傷付いてしまうと、枯れたり生育不良を起こしたりする原因になってしまいます。。

病気は菌核病(地際部が腐り、白いカビが現れて菌核を発生させる。下の葉が黄色くなったら危険!)です(>_<)
被害に遭った株は取り除き土壌消毒をします。多湿が原因にもなるため、風通しよく管理するようにしましょう


害虫はアブラムシ(春先に植物体を吸汁)・コナガ(1日でかなりの範囲が食害される)・イモムシ葉を食害)・ナノクロムシ(花などを食害)などです(>_<)
見つけ次第、捕殺または薬剤散布で対処しましょうオルトラン粒剤を撒いておくのも良い予防になります
アリッサム 寄せ植え
Ⅲ. アリッサムにまつわるETC…

●アリッサムの花言葉をご紹介(^^)/
美しさを超えた価値』『美しさに優る値打ち』『奥ゆかしい美しさ』『優美』『飛躍』『いつも愉快』『仲直り』『素直』…などです

キレイな響き
の言葉が多いようですが、アリッサム自体はカワイイ系だと思うんですが…。。


●アリッサムの属名について(^^)/
現在、アリッサムの属名はロブラリア属です。

以前はアリッサム属に分けられていましたが、純白の花色2又に分かれた毛を持つ特徴があるため、ロブラリア属とされたそうです(…植物界も色々と細かい決まりがあるようですね

ちなみにロブラリアはラテン語のloblusからきていて、“小さなかけら”を意味しているそうです


●アリッサムの香りのご紹介(^^)/
スイートアリッサムは直訳すると“甘いアリッサム”…つまり甘い香りのするアリッサムという意味です

中国でも『丸く白く香りがする』ことから香雪球と呼ばれています(・o・)

『え?香りなんかしたっけ?』と思われた方、無理もありません…。。
…別に嗅覚が劣ってるとかではなく、こんもりどころかかなりモシャモシャした感じにならないと、はっきりと香ってこないそうです

ちなみに石鹸に似た香りがする…とのことです


●アリッサムの楽しみ方について(^^)/
ガーデニングでは、それなりの知名度を誇る名脇役です

花壇では模様縁取りにするのが最適、素朴な存在感での花を引き立たせてくれます

ロックガーデンでは敷石組んだ岩の間に植え、また違った風情を感じられます☆彡

ウォールガ―デンでは石垣の上石との隙間から、垂らして咲かせるようにすると見応えが抜群になります(・o・)

その他、ハンギング吊鉢寄せ植えグランドカバープランツなどでも魅力的に演出してくれますよ!!
(右上:デイジー・エリカ・アリッサム3種の寄せ植え


キュートな見た目お仕事上手なアリッサム、これでアナタももう虜(笑)
…これからのガーデニングシーズン大いに活用してみてください
アリッサム 花びら


alyssum
ビオラとアリッサムの花を水に浮かべると…
春っぽい感じもしますが、涼やかな印象を演出できます(^^
チューリップの株元にポコポコ白い部分が…、見づらいですね。(すいません