ユリ科 チューリップ属 秋植え球根草

別名 ウツコンソウ・ウッコンソウ(鬱香草) ボタンユリ(牡丹百合) 他

Ⅰ.チューリップの主な概要

花色・咲き方やガーデニングの仕方にわたり、レパートリーの充実した“チューリップ”
育てやすさも然ることながら、春になると見事に咲き揃う姿が親しまれ、世界各国の人気花です

原産地
地中海沿岸中央アジアに分布しますが、多くの園芸種の親であるT.ゲスネリア小アジア(トルコ共和国のアジアよりの半島)が原産です!
チューリップの品種は古いものを含めると8000はあるそうですが、途絶えたものの方が多いといいます…
現在でも、大量生産されている品種は150種ほどにもなります(・o・)

後にヨーロッパでも紹介されますが、それ以前にトルコでは改良が進められ、既に雑種になっていたそうです(栽培も盛んだった様子)。
15・16世紀のトルコの美術品などを見ると、衣服建造物のタイルにまでチューリップの花模様があしらわれています

ちなみにチューリップの語源は、トルコ語ターバンを表すTullbend(ツルバン)からきているそうです…が、
それはチューリップの花の形のことであって、正式名称ではなかったそうです(げげッ!マジすか…。)

本当はラーレといい、中近東辺りではこの名前で呼ばれているとのことです…(・。・;


日本に伝わったのは1861年頃(文久年間)で、オランダにならって栽培を始めたのは1919(大正8)になってからです

『赤も黄色もキレイなの~♪』の童謡でもすっかり有名ですが、ロックまたはフォークでもない『ニューミュージック』を開拓したバンド名としても知られていますね(^^♪
チューリップ 
Ⅱ.チューリップの歴史~前編~

チューリップのような春麗らかな陽気蝶々の似合う可憐な花にこんな歴史が秘められていたとは…。…ご紹介(^^)/

チューリップはトルコで生まれ、16世紀に神聖ローマ帝国トルコ大使であるA.Gブスベックによって、ヨーロッパに伝わり、ウィーンに持ち込まれました

(ちなみに、A.Gブスベックがトルコを訪れた時にその花を指差し、花の名前を教えて欲しいとお願いしました。
するとトルコの方は勘違いし、花の形を教えてしまいました。
そんな経緯もあってⅠ.の通り、チューリップとして伝わったのでした…

その後は園芸家クルシウスによって、縁故を求めて球根やタネの入手を懸命に行いました。(・o・;)

さらにオランダライデン大学植物学教授に就任後、地元の農家に栽培を依頼し、産業化に至りました

凄い方です…(-_-;)
この人物がいなかったら、オランダはチューリップ大国にならなかったのではないか?!と言っても過言ではありません

まもなくしてチューリップはイギリスやフランスへ伝わり、じわりじわりとヨーロッパ各地で親しまれていきます…。

…と同時に上流階級の間で〝異常〟ともいえる人気で広まっていくことになります
特に貴婦人たちの流行りでは、こぞってチューリップをアクセサリーとして身に付ける現象が起きました

これはヨーロッパ中の経済全体を巻き込み、また1つ黒歴史を刻む時代の訪れでもありました…(・。・;

…しかし、チューリップのほころんだつぼみは、それさえも気づいていないのでした。。

……という朝ドラのナレーションのような含みも交えて、後編へ続く
チューリップ 栽培特性
全てチューリップの球根です!
各種類ごとにポット分けされていますが何の品種でしょうか…?
球根は全部土を被せず、頭をチョコンと出して植えるのがポイントです
芽がでるのが楽しみです、早く春になりませんかね?

チューリップを育てるのに必要な肥料などです。
化成肥料や液体肥料は花だけでなく、家庭菜園用の野菜にも使えるようになっているタイプもあります
どっちにも使えるのであると便利ですね~(^^♪
チューリップ 肥料

Ⅲ.チューリップの栽培特性①

栽培特性として夏は乾燥冬は湿度が高い気侯を好み、水はけ日当りのよい場所が適しています

日当りは良くても、冬場に乾燥しやすい寒風に当りやすいようなところは避けるようにしましょう※冬の乾燥には注意

水やりは、土の表面が乾いたら与えてください。(1番良いのは面倒臭がらず、実際に触って確認することです!)
チューリップは乾燥に弱いので水やりは欠かせませんが、土が湿っている状態や葉が枯れて休眠期に入った状態やらなくて大丈夫です
かまいすぎるのも過湿の原因で、球根を腐らせる危険があります(・o・)

肥料は元肥としてあらかじめ緩効性肥料を、芽が出たら晴れている日中のうち液体肥料を施します
花壇や庭の場合は植えつける1週間くらい前化成肥料と石灰を混ぜ込んでおくとgood
鉢やプランターの場合石灰を混ぜた土2週間に1回ほど液体肥料を使うのがおすすめです(^O^)/

球根の植え付けについてです。
適した時期は10~11月(上旬)になります…植えるのが遅くなると、年内のうちに充分な根が張れません

ちなみに、この根は糸状でかなりの本数が出ますが、再生力に乏しいため、途中で移植したり肥料の与え過ぎ根を傷め生育に影響が出てしまうそうです
そのため、植えつける場所もしっかりと決めなくてはなりません(>_<)

●花壇・庭…植え付けの深さは2・3球分間隔も2・3球分離しますが、隙間なく詰めて植えつけると群植が楽しめます(^_^)
植える溝をどーしても均等に植えつけたい!というこだわりをお持ちの方は、球根の大きさぐらいの棒などで間隔をとり植えつける穴をあける方法をおススメします

草花と混植
させたい場合は、球根の間隔を25cm前後に植えて、春になり芽が出始めたら草花を間に植えていきます
※暖地の場合は、球根の植え付け時期草花を一緒に植えるようにしても大丈夫です★)

ちなみにチューリップは連作毎年同じ場所に同じ植物を作ること)がキライなようで、病気障害になりやすく、生育にも悪いです…。

●鉢・プランター…植え付けは球根の先端がわずかに出るように浅く土を被せ間隔は1球分離します(^_^)

5号鉢は3球
が目安で、プランターの時は1球を5cm以上の間隔に植えるようにします
この場合の球根は、草丈が低く早生中生Ⅵ.↓)の種類が良く、球根の大きさも充分なモノが良いそうです。

冬の乾燥を防ぐ
のに上からワラで覆ったり、鉢の縁が少し出るくらい土中に埋めたりする方法があります

花を咲かせるには、ある程度の寒さに当てておく必要があるため、1月までは外に置いてから室内へ移動させると、発芽が見込めます
いきなり植えつけ後に暖かい部屋に置いても、早く咲くわけではないので、徐々に寒いところ→室内→日当り良好な窓辺…に移動させることが大事です


ちなみに水栽培も可能です。(・o・)
『草丈が高く伸びやすいので花首が重くなったら、後ろにひっくり返るんでは…?』と敬遠されがちなチューリップ…
丈が低い品種水栽培用の容器を使えば、心配もなく楽に花を楽しめることが出来ますよ

物によっては、低温処理が既に済んだ状態で販売されていたりするため、寒さに当てる手間もなくそのまま室内で開花を待つだけ…という有難い球根もあるそうですよ


病気は全体として灰色カビ病(新芽や花びらに水が浸みた様に腐り灰色のカビが密生する)、地際部では白絹病(地際部に白いカビが発生して菌核ができる)、球根では灰色腐敗病表面がザラザラになり黒褐色の斑点ができる)などが挙げられます…
対処としては、連作をせず、被害に遭った株や球根処分し、薬剤散布などを行うようにしましょう
チューリップのある風景
Ⅳ.チューリップの栽培特性②

Ⅲ.植え付けのポイントを踏まえたうえで、チューリップを美しく見せる演出をご紹介(^^)/

集団で咲く美しさに注目
チューリップは集団で植えることで美しさが引き立ちます
いろいろな品種をあれこれ混ぜて植えたくなりますが、同系色または反対色になるものを2・3種にする方がすっきりして見えます
花壇に植える時は1品種10球以上でまとめて植えるのがおススメです
いきなり複雑な模様を描いて植えるより、円や四角縁取りにしたほうがグッと引き締まりますよ。

開花期の揃った品種が咲くと…
時期が同じだと一斉に花が咲くため、バラバラに咲かれるよりはまとまりがある様に見えます
草丈も一緒くらいの高さでも統一感はでますが、立体的に奥行を持たせたい場合は手前に丈が低めの品種を植えると効果的です

半日陰でも楽しめる
チューリップは半日陰でも大丈夫なので、樹木の下に植え込むスタイルも可能です
咲いている期間中、芽吹いてきた新緑によく映えて花色がさらに鮮やかになることでしょう…
半日陰のチューリップはヨーロッパの名園植物園などで多く使われているそうです(・o・)

混植の凄いところ
チューリップの株元にパンジーやアリッサムなど丈の低い草花を混植すると、カラフルで華やかな花壇を楽しめます
ただ株元や間隔に植えるよりも、ぐるりとチューリップを囲ったようなデザインにするのも面白いでしょう…
イギリスのビクトリアガーデンでも忘れな草やビオラが混植された花壇があるそうで、とっても広い範囲に植わっています(・o・)

家庭でチューリップの植え込みを行う時は是非、その家のオリジナルな花壇になるように個性的なデザインを持たせると、面白いんではないでしょうか(^^♪


花を楽しんだ後は、来年に向けて球根の準備をしましょう

花が散って花びらが落ちると子房と呼ばれる部分が現れます
この部分をいつまでも残しておくと、タネを作ることだけに集中し、こんなことのためにエネルギーを消費してしまいます…(・。・;

球根に満足に栄養がいかなくなるので、花が終わったら花ガラを摘んだり花茎ごと切ったりと対処しましょう。
しかし、葉がまだ青いうち切らないように気を付けてください

うっかり切ってしまいがちだと思いますが、球根類の仕組みとして〝葉で光合成を行い、栄養に変えて球根を太らせること〟を覚えておくと、切らずに済む…と思いますよ

6月になると、葉が黄色くなり枯れ始めますが、掘り上げのサインです

品種がいくつかある場合はそれぞれ分けて、1週間ほど陰干しさせた後、球根が分かれている物は1つずつ分けて表面の土や皮を剥がします。(この時、手袋などを着けて作業するのが大事です

その後はネット袋に入れて吊るし、風通しが良くて雨に濡れない涼しい場所で貯蔵するようにしましょう(^O^)/
チューリップ 花束
Ⅴ.チューリップの歴史~後編~

そしてチューリップは混乱の中へ…〟
1634年チューリップ狂時代の到来です…(@_@;)

僅か3年ほど出来事でしたが、あまりにも失うものが多すぎたような気がします…。

何があったかと言うと、人気・注目度の高さからチューリップの球根の需要が高まり値段が高騰に伴って非常に高価な物になってしまいました

中でも〝総督〟なる品種がかなりの高額で取引されました(・o・;)

取引するにはかっこうの品で、一晩明ければ大富豪または貧乏人早変わりするほどでした…(-_-;)

中には倒産するものも後を絶たず、ヨーロッパの経済大混乱に陥れていきました!!

その内容も凄まじいモノが多いです…。
新品種の球根だけで、馬車や家畜を含め、その家の家具全部売り払って取引されたそうです

他にビール工場まるまる交換されたり、娘さんの嫁入りの持参金代わりにもたせたという話もあるそうです(・。・;

この事態がさらに深刻化する前にオランダ政府は、取引にる売買を禁止して鎮静化をはかりました

その100年後に再びチューリップ狂時代が訪れましたが、以前のような激しさもなく終わりました…。。

こうしてヨーロッパ中を揺るがし、人々を熱狂させ翻弄させた嵐のようなチューリップ狂時代は幕を閉じたのでした。
チューリップ 赤 白

チューリップ 斑
チューリップ 桃 紫

Ⅵ.チューリップの品種

Ⅴ.でも載せたチューリップ狂時代は嫌~な時代ではあったと同時に、チューリップの品種たちが華々しくデビューしていった時代でもありました。…こうした人気があったからこそ、品種改良が盛んに行われたといえるでしょう

また19世紀に入ると、貴族の楽しみでしかなかったチューリップも一般大衆向けへと変化し、広まっていたそうです!!
その後も中近東を原産とする品種が導入されたり、交配されたりと続々と新しいチューリップが誕生していきました

…世の中に出まわり過ぎたといっても過言ではなかったチューリップ、そこで1981年にチューリップの分類法を(咲く時期咲く形に分けて大改革されました(・o・)

では、どんな品種があるのかざっくりと…ご紹介します(^^)/

早生品種…3月下旬~4月上旬に開花するタイプです
①早生一重咲き系…丈も低く葉も小さい。まさにイメージ通りのチューリップです。 :ピンクビューティ
②早生八重咲き系…シャクヤクのような豪華な花びら。カラーバリエーションも豊富です。 :モンテカルロ

中生品種…4月の間に開花するタイプです
ダ―ウィン・ハイブリット系…草丈が高く花も葉もキングサイズ。チューリップの概念を覆しました。 :コットンテール
トライアンフ系…丈夫な性質。花壇・鉢植え・切花にも活用できます。 :メリーウイドウ

晩生品種…4月末~5月上旬に開花するタイプです
①晩生一重咲き系…花壇・切花に活用。花びらの先端が丸みがかっています :ジョーゼット
②晩生八重咲き系…草丈が高く花弁が多い。ボタン咲きチューリップとも呼ばれます :アンジェリケ

ユリ咲き系…ユリのように細長く尖った花びら。ヨーロッパでは人気が高いです :チャイナピンク
パーロット咲き系…花びらの切れ込みとフリルが特徴。一重咲きの突然変異でできました :フレミングパーロット

フリンジ咲き系…④よりさらに繊細な切れ込みがある。品種はあまりありません :ファンシーフリンジ
ブリジフロラ系…花びらに緑の縦縞が入っている。新鮮に見えるが品種は少ないです :ハミングバード

レンブラント系…花びらの地色に絞りの模様が入る。独特な色合いを醸します :ピアレット

原種チューリップ開花時期が早く、サイズも可愛らしいタイプです
カウフマニアナ系…3月末には咲く。葉に斑が入っているのも特徴です :レッドエンペラー
フォステリアナ系…4月上旬から開花。球根もよく増える品種です :ゾンビ
グレーギ系…4月中旬に咲く。葉には紫の虎斑が特徴的です :オレンジエリート

…こんなに色々あるんですね~。…これはあくまでも咲く時期・咲き方による分類なので、各自の細かい品種を出していくとキリがありません~

ちなみに、新しい品種が誕生するまで25年ほどかかるといいます(…25年も?!)
交配した種子をまいて、花が咲くまで5・6年が経過、さらに選抜して売りに出せるようになるまで20年はかかるとのことです

なかなかセッカチな性格の人には耐えられない、考えたくもない仕事ですが、オランダでは民間の方も育種しているそうです。

そのお陰で、毎年30を超える品種が誕生しています…ありがとうございます。。
チューリップ 切花

チューリップ イラスト
Ⅶ.チューリップにまつわるETC…

①花言葉は愛のオンパレード

チューリップの花言葉をご紹介(^^)/
…といっても簡単には紹介しきれないほどあり、品種にも言葉がそれぞれ付けられているようなので、全体色別に紹介します☆

まず、チューリップの全体では『思いやり『理想な恋人』『愛の告白』『名誉』『希望』『恋の宣言』などです…が溢れるようです。

赤は『愛の告白』『真実の愛』『ロマンチックな愛』などです…真っ赤なハート連想させる熱い言葉ですね!

黄色は『実らぬ恋』『報われぬ恋』『愛の表示』などです…ビタミンカラーにしては少し切なげな感じがします…。

白は『失われた愛』『長く待ちました』『許しをこう』などです…清楚な色ですが前向きな言葉ではないようです…。

ピンクは『愛の芽生え』『恋する年頃』『優しさ』などです…春にピッタリの可愛らしさを感じられます♪

紫は『不滅の愛』『私は愛に燃える』『王者の風』『永遠の愛』などです…紫らしくカッコイイ言葉が並んでいます!

緑は『美しい瞳』などがあります…他の色よりは目立ちませんが、ちゃんとキレイな花言葉をもっています。

オレンジは『照れ屋』などがあります…はにかんだ様な印象がついて、とても可愛らしいです♪

●黒は『私は恋に燃える』などがあります…黒も珍しいですが、内に秘めた情熱を感じます…!

淡い紫は『博愛』などがあります…1番チューリップらしい花言葉だと思いますが、色の優しさが表れているようです。

斑入り『疑惑の愛』などがあります…斑入りのどこかミステリアスな雰囲気にピッタリの言葉です。

…いかがだったでしょう?チューリップをプレゼントする時に参考にしてみてくださいね~(^v^)
ちなみに原種は『真面目な恋』です。…やっぱりまっすぐに向けられたがありますね


②今だから分かった、チューリップ名画の真実

そんなチューリップですが、Ⅳ.でも載せた通りチューリップに沸いた17~18世紀絵画の世界にも盛り上がりを見せていました

その頃のヨーロッパでは、様々な名画にチューリップが多く登場しています
特に絞りのチューリップと呼ばれる品種を描いたものは、花びらにモザイク状の縞模様が鮮明に入っています!!

きっと『白のチューリップに赤茶や黒の縞、黄色に黒の縞なんて…美しすぎる、絞りのチューリップ万歳』……と当時の熱狂的ファンは大喜びだったと思います(笑)

ところが、何と!このウイルス病に感染しているチューリップだったことが判明したのです、しかも20世紀に…。
……なんじゃそりゃッ!て、ギャグマンガのように足上げてズッコケたくなるようなオチですね…。。

当時のヨーロッパの方に言ったら心底悲しむか、顔真っ赤にして怒るんではないでしょうか…絞りのチューリップよ、儚いけど良い夢見せてくれてありがとう…(笑)


③愛されてます、チューリップ…

チューリップ大国
と言えば今ではすっかりオランダですが、本来はオスマン(トルコ)生まれです

国花
としてもその人気が高く、トルコ・オランダ・ハンガリーなどもチューリップを定めている国なんだそうですよ(・o・)
日本ではチューリップの名産地として新潟県富山県が盛んです(ちなみに、どちらも県花チューリップ

日本海側での生産がしやすい理由、原産地の気侯冬は湿度が高く夏は乾燥する)とよく似ていて、球根の生育肥大がしやすいのに加え、ウイルスを媒介する病害虫も少ないためだそうです

その生産数は年産2億球以上にもなり、国内の需要を日々満たしています


④切花としてのチューリップ…

生け花や生花アレンジメントを作る時、切花のチューリップはどーしても思い悩むことがありました…(-_-;)
それは花があばれるといって、花首が少しずつ光のある方向に伸び、草姿が乱れてしまりがなくなるためでした

ですが最近では、前もって曲がらないよう処理されているものも出てきています。。

もし、自分で曲がらないように処理しないといけない場合は2つ方法があるそうです

エスレル(植物の成長を整える働きを持つエチレンを発生させる薬品)をかなり希釈した(2万分の1に薄めた)液を数時間切り口に吸わせます。
つぼみが上がってきたころ、株全体に矮化剤(ビーナインなど)を散布します

…確かに手間はかかりますが、切花のチューリップで楽しまれる方は是非チャレンジしてみてください~(^^)/


⑤ストーリー・オブ・チューリップ


チューリップにまつわる物語は各地に数多く存在します(今回は結構有名なオランダの物語です)

昔々のオランダの町に、それはそれは美人な娘が住んでいましたきっと近所中の評判だったことでしょうね…。

そんなある日、彼女の元へいきなり3人の騎士がやってきて、いきなり球根…じゃない求婚されてしまいました
(一体お前ら、どこで何をやってる時に一目惚れ・首ったけ・骨抜きにされたんだろうか…

やっぱり3人いっぺんに求婚するなんて、取っ組み合いのケンカにでも発展する危険があるので、穏便に自分たちの魅力自己PRを紹介し始めました。

1人は王冠(王様でもないのに何故持っている…)で名声の象徴を、1人は(仕事がら大事な商売道具なのに…)で強さの表れを、1人は(本当にゲンキンなヤツ…)を財産ということで、それぞれプレゼントしました。

彼女は優しく思いやりに溢れているため、3人の気持ちを考えると結婚する相手を決められませんでした(だって皆良い人だもの!)

悩んだ末、彼女が出した決断は…なんと自分を花の姿に変える!…何でそうなった。
花の女神様
にお願いして、娘はチューリップになったというのです

その後3人は泣き喚いた……そのようなこともなく、仲良くチューリップを育てたのでした…。。(終)

3人のために花になった娘さん、それを受け入れ世話をした騎士たち…皆良い人だもの!(笑)
この物語が元になって花言葉が付けられた、というお話でした


チューリップについてでしたが、歴史や花言葉、物語なんかを見ても新しい一面が発見できた気がします!!
ますます愛着の湧いた方、歴史に驚愕された方、花言葉を参考にプレゼントされる方、栽培方法に納得の方…少しでもお役に立てば幸いです

これからの時期に向けて、可愛らしいつぼみとカラフルで賑やかな雰囲気が期待できそうですね(●^v^●)/